シンプリ・システムを採用した「和えるコップ」が販売開始!

私たちの会社が開発したシンプリ・システムが採用された商品の記事がプレスリリースされました。

一般向け https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000030538.html
企業向け https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000030538.html

今回、シンプリを採用してくれたのは「ONE BIRTHDAYS」さん。
その名の通り、誕生日ギフトに特化したサイトを運営し、ひとつひとつ、こだわりを持った品物を提供されています。

シンプリが採用されたのは「和えるコップ」という商品です。

商品紹介ページ https://birthdays.life/product/2620

誕生日の方の似顔絵を有名イラストレーターMariya Suzukiさんが描き、シンプリ・システムを使って、職人さん手作りの半磁器カップへ似顔絵を転写します。

実は、この手作りコップに適した印刷・転写方法がなかなか見つからず困っていたそうです。
最後に当社がご紹介したシンプリ・システムが突破口になり、商品化の決定打になったとのこと。
当社で試作したサンプルを確認いただいた際には大変喜ばれて、こちらもうれしくなりました!

シンプリが正式採用された背景には、2つのポイントがあります。

1つ目は、コップが丸い形状のため、曲面に追随する印刷方法が限られていること。
既存の印刷方法では、コップの形状に対応することがなかなか難しいようです。
印刷できても1つ1つ異なるデザインに対応ができないような大量生産向けで、今回の目的には合わなかったり。
シンプリは生産ラインに導入されるシステムもありますが、手作業での少量印刷にも適しています。
曲面への追随性も十分にある転写方法なので、このポイントをクリアできました。

2つ目は、印刷ができても実用に耐えられる強度を出すことが難しいという点。
少量でも印刷はできるけれど、印刷後に強度がないのではコップとしてはあまり意味がありませんよね。
シンプリ転写品は食洗機や電子レンジで使用できる耐久性があり、陶磁器製に対する食品衛生法の検査にも合格しています。

少量生産が可能で、実用にも問題がない。
その他色々な条件がかみ合って、シンプリがもっとも適した印刷方法として正式に採用されました。

すでに「和えるコップ」の販売は始まっています。
たくさんの方にこの商品が喜ばれることを私たちも願っています!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中