シンプリ転写の鉛・カドミウム溶出試験

こんにちは。SPG広報担当です。

今回は、シンプリ・システムの安全性についてご紹介したいと思います。

以前もご紹介したマグカップ。
シンプリで転写したマグカップを日常的に使って大丈夫なのかな? という疑問もあるかと思います。
というわけで、確認してみました。

検査を行ったのは、食品衛生法に基づいて、陶磁器やホウロウ引きの容器から鉛・カドミウムが検出されるか、というものです。
今回は、お皿で行っています。

まずはコーティング有(食品衛生法に合格済みの一般的な水性ニスを使用しました)

鉛・カドミウムともに検出されませんでした。コーティングをしっかりしていれば、このような結果になります。

次に、転写後、コーティングをしていないものです。

なんと、こちらも検出されませんでした!

この結果から、シンプリ・システムで転写したマグカップは、食品衛生上は問題がないことがわかりました。
※直接食品が触れる場合は、まだ未確認です。

今後も、このような試験結果については随時発表していきますね。

では、また次回の更新で。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中