シンプリ・システム 技術進捗

こんには。SPG広報担当です。

今回は、シンプリ・システムの接着剤インクの印刷について、技術的な進捗があったのでご紹介します。

シンプリは、まずレーザープリンタなどで転写紙に画像を印刷してから、接着剤インクをインクジェットプリンタで印刷しています。
※こちらで印刷方法は確認してみてください→シンプリ・システムでタイルへ転写

そこで問題になっていたのが、位置合わせです。

最初に印刷した画像と、接着剤インクの位置がずれてしまうことが多々ありまして……。
そうすると、接着剤インクが印刷されなかった部分はうまく転写対象物にくっつかず、取れてしまうんです。
もちろん、全面または画像よりも大きめに接着剤インクを印刷すればいいのですが、転写後に糊だけを除去する工程がいるなど、面倒な部分もありました。

が、ここ最近、技術担当者がこの位置合わせ問題の解決方法を見つけてくれたんです!
まだ特定のプリンターとの組み合わせだけということなので、今後さらに改善して汎用的に使えるかを確認しているところです。

では、そんな位置合わせの成果をご覧ください!

image1 (2)

ガラスの板に、イラストのシマウマを転写しています。これでは全然わからないと思いますので、アップを。

DSCN1359

どうでしょうか? 一見すると、糊の跡が見えませんよね。

もちろん、光の角度によっては見える場合もあります。

ほぼ同じ位置を、角度だけ変えて写真で撮りました。
右側の写真は、色が乗っている部分の周りに透明の膜のようなものが見えると思います。
これが、接着剤インクなんですね。
ただ、左の写真の通り、一見するとわからないほどです。

様々な商材への転写もテストしながら、こうした技術的な改善も行っています。
今後も、技術面での進捗も載せていきますのでお楽しみに。

広告